結婚式を挙げる意味

最近のカップルは、結婚式や披露宴を行わず入籍だけを済まして夫婦となる傾向があります。
また結婚式を上げない背景には、様々な理由があります。
まず結婚式や披露宴を行うには、色々なプランを考えなくてはいけません。
例えば結婚式をあげるのであれば、神前や教会など宗派にも関係してきます。
またそれによってどこの結婚式場や神社や教会などの場所を決定しなければ結婚式はあげられません。
そして四季のどの時期、また何曜日に結婚式をあげるのかが問題になります。
何故なら社会人ならば仕事をないがしろにすることはできません。
また学生であれば、試験の時期や就職活動など、休暇をとっては困る時期があります。
このように決めなければいけないことが多すぎて、結局結婚式自体がめんどうくさくなってしまいがちです。

また結婚式や披露宴は挙げたいけれど、先立つものがないという方が非常に多いです。
それには経済的に不安があるため、結婚式や披露宴にお金をかけることができない状況があります。
また現代では、おもてなしの披露宴をするよりも、自分達にそのお金をあてがう考えが増えているのも事実です。
そしてこのお金で自分たちの趣味に使用する。
また生活を潤うためにそして自己投資金として使用するというカップルも多いです。

そしてたとえ結婚式をあげたとしても、一昔前と現代のスタイルとその捉え方は大きく違います。
また結婚式を挙げる当事者の考え方によっても、結婚式の意味や結婚式をあげる意義は異なってきます。

Copyright © 2014 現代の結婚式のスタイル All Rights Reserved.